高校を卒業後、都立豊島看護専門学校に入学。
都立広尾病院4年(やけどのICU・手術室)、池袋の整形外科病院に14年
その後バイトも含めて約30年間看護師を経験致しました。


サロンの前身、実家のレストラン(れんざん)の閉店に伴い、
「れんざんの味がなくなるのはもったいないなあ・・・」と思い、調理師学校へ入学。卒業後、渋谷のセルリアンホテルのフレンチの宴会部門で”修行”と称して4年間働きました。


体調を崩して退職しましたが、その直後には、予期せぬ両親の相次ぐ「ガン」で看護の日々が始まりました。目いっぱいそばについていられたのでありがたかったのですが、両親の陰にいつも隠れていた(!?)自分は、2人が亡くなると喪失感がとても強く、精神がおかしくなるのではないかとも感じました。”これは何とかしなきゃ、外に出なきゃ、看護の道に戻ろう!と思いつくままに「看護師セミナー」を受講しました。

そのうちの一つが「フットケア」でした。リウマチ専門クリニックでバイトをしていた時「看護師さん、どこかに足の爪を切ってくれるところないかしら?」と聞かれたこともあり、「よし!フットケアだ!」と2016年5月3日父の命日に開業。思い立ったらすぐに行動に移してしまう”くせ”のため、技術も知識も不十分で、お客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。”足のマッサージはね~こうやるんだよ”と教えて下さった方もいらっしゃり、そのことがリセラアカデミー受講のきっかけとなりました。本当に感謝です。


今年で6年目になります。まだまだ未熟で、知識、技術もさらに深めていかねばと思っております。皆さまの「いつまでもキレイでケンコウでありたい」お気持ちのお役に立てれば、応援出来れば幸いです。
おうちサロンで高級感はありませんが気楽にリラックスできる場所をご提供できればと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

杉山芳子